コロナ禍で威力を発揮する「農耕型」の営業

成長ステージ
この記事は約2分で読めます。

コロナ禍により、人と人が直接会って営業するというスタイルが一気に難しくなりました。

コロナ前では、「ご挨拶」や「近くを通りかかりましたので」ということでお客様のところに訪問して、近況や世間話をする中でビジネスに繋がっていくこともありましたが、これが本当になくなってしまいました。

ネットを介した会議にしても、メール・電話にしても、大した用事もないのにお客様と会話することはまず無理です。お客様が在宅勤務されている方でしたらなおさらのことでしょう。

自分に置き換えてみるとよく分かりますが、コロナ禍の日常では、社外からの売込みのメールや電話、ご挨拶代わりのネット会議は、以前より一層面倒な感じ、相手にしたくない感じになります。

そもそも、お客様の開発予算は縮小される傾向にあるため、社外に仕事を委託することが難しい状況になっていることが考えられます。

そのような状況の中、能動的にお客様にアプローチすると逆効果になりかねません。
DMの過剰配信なども同様です。

一方で、世の中の技術開発や設計の仕事が均一に縮小している訳ではありません。しっかりと未来を見据えて、新規開発・設計を進めておられる企業もたくさんあります。そういう企業は、自社開発リソースだけでは開発スピードが不足気味で、委託できる外注企業を探しているものです。

そういう企業にアプローチする優れた方法として、「農耕型」の営業があります。

「押す」のではなく、「種を蒔いて待つ」のです。

⇒ 「拡大期において最も大切なこと」に戻る

⇒ トップページに戻る

 

■ メルマガ登録・解除
【目指せ!安定経営 ~開発請負ビジネスの「キモ」~】
   業界の経営者が語る開発設計 請負の経営のヒント
   メルマガ登録はこちら
powered by まぐまぐ!