アイドル

アイドル

なぜ、受注の絶対量が不足するのか?

開発請負業では、技術者のアイドル時間が発生するとその時間は売上が立たないので、アイドル時間が発生すればするほど企業業績は悪化します。アイドル時間が極力発生しないよう受注していく必要がありますが、そのためには限られたソースを最大限に活用して営業効率を改善していくことが、大事な方策となります。
アイドル

開発請負業が儲かりにくいというのは何故か?

「開発請負業は儲からない」と業界内ではよく耳にしますが、今回は儲からない要因の一つ目「エンジニアが手すきになる日が結構ある」のお話です。この手すきになる日(=アイドル時間)を最小限にできれば赤字の可能性は非常に小さくなるでしょう。今後、この業界の難しさと対策について、話を進めていきます。
アイドル

なぜエンジニアに、仕事がアサインできていない時間(=アイドル時間)が生まれるのか?

開発請負業にとっての大きな問題は、エンジニアの時間が埋まり切らないアイドル時間が頻繁に発生することです。その時間内は開発設計を行っていませんので、当然ながら売上が立ちません。それではなぜ、アイドル時間が発生してしまうのでしょうか?「受注の絶対量が不足」「時期によるアイドル時間の発生」などが挙げられます。